雑誌『をちこち(遠近)』
バックナンバー

バックナンバー一覧

2016年4月のバックナンバー

2016.4.25

日本と外国の「市民」を結ぶ先進的な国際交流活動

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は1985年に国際交流基金地球市民賞を創設以来、毎年、日本と外国の市民同士の相互理解や連携、共生を深めることを目指し国際文化交流に取り組んでいる団体を表彰しています。2015年度は全国から134件の応募と推薦があり、選考の結果、東京都のNPO法人「Peace Field Japan(ピース・フィールド・ジャパン)」、大阪府の公益財団法人「山本能楽堂」、兵庫県のNPO法人「神戸定住外国人支援センター」に授与されました。これら3団体の活動と授賞式での各代表者の受賞コメントをあわせてご紹介します。

2016.4. 5

私たちが考える「グローバルに働く」ということ

「海外を舞台に働いてみたい」「日本と外国をつなぐ仕事がしたい」「国際協力の活動に携わりたい」――。グローバルなフィールドを同じ目指すのでも、その選択理由もアプローチも一人ひとり違うはずです。そこで「世界を変えるグローバルキャリア」と題し、過去の「国際交流基金地球市民賞」受賞団体の中からかものはしプロジェクト(2011年受賞)の草薙直基さんとテラ・ルネッサンス(2012年受賞)の栗田佳典さん、スピーカー兼モデレーターとして「なでしこVoice」代表で「ABROADERS」編集長の濵田真里さんを迎えてトークセッションを開催。これから就職や将来について考える若い世代の方々を前に、グローバルなフィールドで活動する3方に思う存分、自らの経験やモチべーション、ビジョンなどについて語っていただきました。

Twitter - @Japanfoundation