雑誌『をちこち(遠近)』
バックナンバー

バックナンバー一覧

海外でも活動する盆栽師が伝統文化「盆栽」の世界を伝える連載が始まります!

鉢の上で自然の姿を生かして樹木の造形美を表現する盆栽。4年に1度開催される世界盆栽大会に世界中から愛好家が集うほど、日本が誇る伝統文化は国境を超えて親しまれています。今や海外の人々の心をも捉える盆栽ですが、その魅力は一体どこにあるのでしょう。国内のみならずアメリカやヨーロッパでの普及活動にも力を注ぐ盆栽師の森隆宏さんが、連載エッセイで盆栽の味わい方、楽しみ方を発信します。

bonsai_profile.jpg 森 隆宏(もり たかひろ)
盆栽師。1979年、東京都生まれ。常磐大学国際学部を卒業後、2002年より勝田光松園にて盆栽を修行。2006年に独立し、盆栽師として活動を開始する。2009年、由緒ある国風盆栽展で職人として手がけた作品が国風賞を受賞。2009~2013年、さいたま市大宮盆栽美術館の専属盆栽技師を務める。2013年、欧州文化首都2013コシツェに盆栽デモンストレーターとして、第8回世界盆栽大会(2017年開催)のさいたま誘致プレゼンテーションに盆栽師代表プレゼンテーターとして参加。2014年にはスロヴァキアの国際盆栽フェスティバルでもデモンストレーションを行い、2016年の国際園芸博覧会トルコ・アンタルヤでは日本政府出展の展示に盆栽専門スタッフとして携わった。現在、盆栽師の仕事に従事する傍ら、2013年に構えたアトリエ「盆栽もり」などで初心者向けワークショップを開く他、米カリフォルニアでも講習会を行うなど、国内外で盆栽の普及活動に取り組む。

盆栽もりHP http://bonsaimori.jp/
盆栽もりfacebook https://www.facebook.com/Bonsaimori/

Page top▲

Twitter - @Japanfoundation