雑誌『をちこち(遠近)』
バックナンバー

バックナンバー一覧

緊急特集:被災地とつながる 生の声004

ラジオと多言語でサポート

吉富志津代
NPO法人多言語センターFACIL理事長
NPO法人エフエムわぃわぃ専務理事

 私たちは、阪神・淡路大震災の支援活動をきっかけに、住民自治の大切さと、その住民が多様なことに気づき、性別、年齢、障がいの有無、国籍、民族、出身地などにかかわらず、どんな住民も排除されることのない「多文化共生のまちづくり」に取り組んでいます。 CIMG9686.JPGそこで、今回もラジオのもつ力と多文化の豊かさを切り口に、私たちができることとして、オックスファムジャパン、BHNテレコム支援協議会とともに、①大切な情報の多言語への翻訳とその情報を音声化した音源を、ラジオ受信機(2万台)とともに被災地の災害FM局などに直接届け、ラジオ局維持のために必要な機材やパソコン等の提供もする ②東北にたくさん住んでいる外国からきたお嫁さんなどの外国出身の住民が孤立しないよう、自分のことばで相談や発信ができるような外国人コミュニティとのネットワークづくり、など長期的なサポートを考えています。 


 女川第一小学校に避難しているペルーから嫁いできた女性を訪ねたとき、そのお連れ合いの漁師の日本人と、4月から高校生になる息子さんにいろいろとお話しをうかがいました。

そのときに、息子さんが「おらんちの家も船も流されちまって、おっとうも漁師つづけられねえし、島のみんなももう島には戻れねえって言ってっけど、おらはやっぱり漁師になりてえんだ。」と力強く語った顔が忘れられません。大変な災害にあっても、自分のお父さんの仕事に誇りを持ち夢を失わない彼の姿に学ぶことは多く、今後は、CIMG9696.JPG外国にルーツをもつ子どもたち同士がつながり、お互いに学べるような関係が築けたらいいと考えています。 

 大変な被害を出した地震、津波、原発という三つ巴の今回の災害は、まちの復興までの道のりはかなり長いけれど、日本中がこの危機に力をあわせて立ち向かえるよう、ひとり一人ができることを考えて、誰も置き去りにされないような再建につなげるべく、私たちも微力ながら長く関わっていきたいと思います。
 




CIMG9773.JPG吉富志津代 多言語センターFACIL理事長 エフエムわぃわぃ  専務理事

1990-1994在神戸ボリビア名誉総領事館 2008京都大学博士(人間・環境学)取 2011 大阪大学グローバルコラボレーションセンター 特任准教授 東日本大震災の発生直後より、FMわぃわぃは、多言語センターFACILと連携をして「ラジオ」と「多言語」を柱とした活動を続けている。エフエムわぃわぃを含む9つの団体の拠点である特定非営利活動法人たかとりコミュニティセンターは、平成14年度 国際交流基金地域交流振興賞受賞

Page top▲

Twitter - @Japanfoundation