雑誌『をちこち(遠近)』
バックナンバー

バックナンバー一覧

をちこちMagazineリスト

059 進化する国際展の未来
058 日本語で広がる世界
057 メディアアートの未来を探る
056 東日本大震災から5年を経て
055 国際親善・文化交流 それぞれのカタチ―第42回 国際交流基金賞
054 欧州を魅了する日本の現代アート
053 話したい、伝えたい―言語を学ぶそれぞれの理由
052 Chim↑Pom、バングラデシュの街へ飛び出す
051 地球を舞台に交流する-2014年度国際交流基金地球市民賞
050 世界と考える、Tohokuの未来
049 北斎、再びパリを魅了~『北斎漫画』初編出版200周年
048 人をつなぐ笑いと言葉~第42回 国際交流基金賞
047 日本語で出会った新しい世界
046 日本がたどった「近代化の吸収」の道
045 人間の存在を追い求めて―演劇は国境を越える
044 アジアの作家たちが語り合った文学
043 それぞれの場所で、それぞれの時代を表現する
042 近代建築がつくりだす風景
041 アジアの絆を強くする。
040 震災で生まれた交流の芽を育てる
039 ASEANと日本のアーティストが創り上げた舞台
038 世界との出会いで進化する日本の伝統芸能
037 コミュニケーションは日本語で
036 世界をつなぐ、次世代へつなげる~第41回 国際交流基金賞
035 先端を走れ!メディア・アートと日本のケンチク
034 全解剖 田中功起@ヴェネチア・ビエンナーレ
033 希望、夢、そして愛:闘うアーティストたち
032 海外へ売り出せ!日本の文学
031 新たに語られる戦後日本美術~東京・ソウル・NY
030 被災地の経験と復興への歩みを世界に届ける
029 日本の未来を透かす多彩なプリズム
028 ロボット、アンドロイド、ボーカロイド!
027 美術を通して日本社会を見る 
026 地域も時代をも超える文化の力を信じて~第40回 国際交流基金賞
025 ここに、建築は、可能か~ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2012
024 人が歩む日中交流
023 日本語で「窓」を開けよう
022 自然、環境、そしてアート
021 あなたにとっての「中東」をもっと身近に
020 今、僕たちもインドで考えてみた
019 JFICで日本の今を知る×日本の今を伝える
018 3.11から1年 文化は社会に貢献出来たのか
017 時代と空間を越える文学
016 2012年クールジャパンの今
015 The Japan Foundation Awards 特別号 先駆者たちの横顔
014 ドイツで北斎に出会う
013 ビエンナーレ/トリエンナーレ
012 フェスティバル!(をちこちMagazine 1周年記念)
011 地域を結ぶデザイン、世界をつなぐデザイン
010 3.11後の社会
009 韓国を、想う。
008 いま、日本語でつながる。
007 世界がであうBUTOH
006 日本映画に魅せられた世界の映画人
005 今を生きる文化遺産
004 表現としてのマンガ
003 音楽が紡ぐ出会い 日本×アフリカ
002 越境する文学
001 これからの国際文化交流
the English version of Wochi Kochi Magazine.
国際交流基金の海外ネットワーク関連記事一覧

をちこち雑誌リスト

009 韓国を、想う。

2011.5. 1



2011年5月号
特集009 韓国を、想う。



韓流ブームは、日韓交流の新たな時代の幕を大々的に開けたが、
日本と韓国をつないでいるのは、決して流行だけではない。
ソウルで行われた映画祭で韓国の「やさしさ」を再発見した映画監督と、
長年韓国文学へ情熱を傾ける翻訳家が綴る、韓国への想い。



トップストーリー
「われわれ! 日韓映画祭」は出会いの素晴らしさを教えてくれた
松江 哲明(映画監督)

特別寄稿
なぜ韓国で日本の小説はよく読まれるのか――日韓の出版事情を比較する
舘野晳(自由寄稿家・韓国語翻訳)



連載エッセイ
その弐 眼鏡、はめるもんか
トニー・ラズロ(言語研究家)

日本研究リレーエッセイ
緊急特集:被災地とつながる 生の声002
阿部眞理子(国際ボランティアセンター山形(IVY)理事)
緊急特集:被災地とつながる 生の声003
NPO法人DANCE BOX Executive Director 大谷燠
緊急特集:被災地とつながる 生の声004
吉富志津代(NPO法人多言語センターFACIL理事長、NPO法人エフエムわぃわぃ専務理事)

海外Topics
ハノイ発 「頑張れ、日本!あなたたちはひとりじゃない」プロジェクト開催
「日韓新時代:未来へのコラボレーション」事業を終えて

JFレポート
韓国から元気な高校生30名がやってきました!李秀賢氏記念韓国青少年招へい研修
アチェ こども演劇ワークショップのくれた力

Page top▲

Twitter - @Japanfoundation